ちちをもげ ~先生、鳩胸は巨乳に入りますか?~

関東でデグー2匹と一人暮らしをするFカップ私立医大生のブログ。美容・断捨離・アウトプットが趣味。たまに4コマ漫画描きます。

最強はどれだ?!約50種類の人気日焼け止めを徹底比較

テーマ:最強の日焼け止めを探す

  

もうすぐ8月、夏休みが始まりますね!海やプールに、炎天下に肌をさらす機会も多いと思いますが、紫外線は変わらず降り注いでいます。日焼け止め塗ってるから大丈夫・・・なわけないですよね。自分にあった日焼け止めのこと、一度きちんと考えてみませんか?

 

人気の日焼け止めブランドはどこ?

 

アネッサ パーフェクトUV アクアブースター (SPF50+・PA++++) 60mL 

amazon、楽天、価格.com、アットコスメなどの売れ筋ランキングから、人気の日焼け止めブランドは、アネッサ、サンカット、スキンアクア、ビオレUV、ニベアサンであることが分かりました。

 

約50種類の日焼け止めを検証

 

f:id:aruku-3310:20170728132413p:plain

人気の日焼け止めブランドの商品から、①タイプ、②SPF・PA、③耐水性、④香料の有無、⑤刺激性、⑥化粧下地として使用可能か、⑦どの部位に使用可能かの点においてエクセルでデータ化し、比較できるようにしてみました。我ながら頑張った。

 

あくまでこれは会社から提示されているデータをまとめたものです。保湿性や白くなりにくいといった点は、個人の価値観により意見の違いが出やすいため、今回は避けさせて頂きました。

 

評価方法について(読まなくていいよ)

 

対象:上記の大手5ブランドが現時点で発売している日焼け止め商品(サンスクリーン剤)。ただし、BBクリーム、CCクリームの機能がメインと判断したものは除く。 

タイプについて:記載内容ごとにスプレー、ジェル、ミルク(乳液)、エッセンス(美容液)、クリームの5つのタイプに分類して表記した。パウダー、ローション(化粧水)タイプは、今回はみられなかった。

SPFについて:~50はそのままの値、50+は便宜上51と表記。 
PAについて:+数に応じて1~4と表記。

耐水性について:耐水性(ウォータープルーフ)の記載があるものは1、なければ0と表記。単に、水に強い!などの記載は耐水性なしとする。

香料の有無について:無香料は0、香料について特に記載がないものは1、〇〇の香り、など香りの指定があるものを3と表記。

刺激性について:敏感肌、肌に優しい、子ども、赤ちゃん、ノンケミカルなどの記載のあるものを0、刺激性について特に記載がないものを1、メントール(アルコール)入りのものを3と表記。

化粧下地として使用可能か:可能であれば1、特に記載がなければ0と表記。そもそも顔に使用不可のものも0とする。  

使用可能部位について:顔のみを1、身体のみを2、顔と身体兼用のものを3、顔や体だけでなく髪にも使用可能なものを4と表記。4はそもそもスプレータイプであることが前提となる。 

 

かしこい日焼け止めの選び方と使用方法

 

米国皮膚科学会(AAD)によると、

Q.日焼け止め錠剤は、外用日焼け止めの代わりに使用できるか?

A.錠剤服用は便利な方法に思われるが、日陰を探し紫外線対策の服を着て広域スペクトルかつ耐水性のあるSPF30以上の日焼け止めを使用するのが最も信頼できる日焼け対策法である。

 

日本皮膚科学会によると、

 サンスクリーン剤使用のめやすして、最大のサンバーン予防は、UVA,UVBを防御対象波長として、SPF30以上、PA+++、また耐水性のあるものが望ましい。

 

すなわち、 SPF30以上、PA+++、ウォータープルーフの日焼け止めを選べば最強ってことですね。でも、ちょっと待ってください。

 

日本化粧品工業連合会によると、

紫外線防止用化粧品を正しく選んでも、使い方が間違っていては十分な効果は期待できません。 量が少なすぎたり、ムラづきが原因で思わぬ日やけをすることがあります。
たとえ、汗、水に強いウォータープルーフタイプの化粧品であっても、衣服や動作による摩擦などが原因で落ちてしまうことがあります。

十分な量を肌にムラなくのばすこと、 少なくとも2~3時間を目安に状況を見て塗り直すことを忘れないようにしましょう。

 

SPFやPAの目安は、きちんと日焼け止めが肌に塗られているのが前提の話です!正しい量や塗り方を確認し、塗り直しも行う必要があります。詳しくは各商品の説明欄を参考にしてください。

 

君に決めた!最強日焼け止めランキング

 

さて、今回の本題、最強の日焼け止めはこれだ!

 

3位 アネッサ エッセンスUV アクアブースター

 

<SPF・PA◎、耐水性◎、ミルク、低刺激○、香料あり、顔・身体兼用、コスパ△ >

 

ゴールドのほうが有名。

コスパが悪いのと、若干白くなりやすいのが気になるが、最強の日焼け止めに近い。

 

アネッサ エッセンスUV アクアブースター (SPF50+・PA++++) 60mL

アネッサ エッセンスUV アクアブースター (SPF50+・PA++++) 60mL

 

 

2位 サンカット R 日焼け止めジェル 50 (スーパーウォータープルーフ)

 

<SPF・PA◎、耐水性◎、ジェル、低刺激○、無香料、顔・身体兼用、化粧下地○、コスパ◎>

 

化粧下地にも使えて最強ではあるが、ジェル状のため肌への負担が気になる。

 

KOSE コーセー サンカット R 日焼け止めジェル 50 (スーパーウォータープルーフ) 80g

KOSE コーセー サンカット R 日焼け止めジェル 50 (スーパーウォータープルーフ) 80g

 

 

1位  ビオレ さらさらUV のびのびキッズミルク

 

<SPF・PA◎、耐水性○、ミルク、低刺激◎、無香◎、顔・身体兼用、コスパ◎>

 

まさに最強。白くならないし、べたべたもしない。

コスパもめちゃくちゃいい。品切れになる前に買うことをおすすめします!

 

ビオレ さらさらUV のびのびキッズミルク SPF50+/PA++++ 90g

ビオレ さらさらUV のびのびキッズミルク SPF50+/PA++++ 90g

 

 

あなたに合った日焼け止めを探してね

 

f:id:aruku-3310:20170728145029p:plain

 

わかりやすくデータをまとめ、ほかの日焼け止めや紫外線についての情報と一緒に発信するTwitterアカウントを作ったので、良ければシェアしてください!

 

まとめ

 

日焼け止めのための基準やランキングは参考になりますが、普遍的で必ずしもあなたに合っているとは限りません。しっかりと日焼け止めに求めることを自分で考えたうえで選んでくださいね。

 

↓↓Twitterはこちら↓↓

作成中